人が少ない車両は危険が隠れている

海外は日本ではないことを認識する必要があります。日本と同じような感覚で電車移動をしていると、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。ほとんど人が乗っていない車両に行き、人が少なくて気が楽だと考えていると、スリや強盗の被害に遭遇する可能性があります。逃げたくても海外の電車の中には車両の移動ができない物もありますから、その中に二人きりになるというのはかなり危険な状況なのです。 相手が一般市民なら良いかもしれませんが、悪意のある人間、犯罪者、元々、強盗を目的にしているならば密室という状況はかなり危険と言えます。しかし人が多過ぎる車両も、日本と同じようにスリの被害に遭う可能性も否定できないので、その点に注意して電車に乗る時も油断しないようにしてください。

早朝の電車移動は深夜の電車移動と同じく危険

深夜、日本では電車に乗っていても特に危険性を感じないかもしれませんが、海外では命取りになる可能性もあるので注意が必要です。深夜では乗っている人も少ないため、もし事件に巻き込まれたとしても、誰も助けてくれない状況になります。しかし海外旅行へ行く人にとって、深夜は危険という価値観は持っているでしょう。しかし深夜だけではなく早朝の電車移動もかなり注意しなければならないのです。何故ならば早朝の電車も人が少なく、まだ外が薄暗いケースもあるので深夜と同じようにリスクが高くなります。 日本では早朝の電車で移動するのは特に危険性を感じられないかもしれませんが、海外では人が少ないというのはそれだけ犯罪者にとっては、犯罪をする状況としては好都合ということもあるからです。電車だけではなく早朝の移動も海外旅行では気を付けておきましょう。